受験に対する考え方


 

公立中学に進み高校進学を希望すれば必ず高校受験があります。また、エスカレーター式の大学付属校に進学しなければ、大学受験もあります。思春期の子どもたちにとって2つの大きな試練が待ち受けています。少し大げさな言い方ですが、今日の子どもたちを取り巻く様々な社会環境の中で、この試練に自分の意思で立ち向かい、いろいろな苦労や失敗を重ねながら目標を達成していくことで、受験が人間を大きく成長させる力となると考えます。

 

 学び舎ゆうの生徒は概ねよく勉強します。もちろんみんな遊ぶことが大好きで、目の離せない生徒もいますが…。小学生の間に日々の生活の中で学習習慣を身につけ、中1、中2中学校生活を楽しみながら、やるべきときにはしっかりと勉強する。いよいよ中3、部活動や学校行事に積極的に取り組みながらも、受験学年であるという意識が必要です。定期テスト、実力テストだけでなく、授業に対する姿勢・意欲、日々の小テスト、生活態度も含めてどれだけまじめに取り組めたかによって進路が決まります。

 

第1志望の高校に絶対に合格したいという強い気持ちをもって、「こんなに本気で勉強したのは初めてだ」という経験を中3でできれば、今後の進路に必ず役立つと信じています。勉強のスタートが遅れたり、努力を怠れば思い通りにならないこともありますが、最後まであきらめず、目標に向かっていっしょにがんばります。

学び舎ゆうのエネルギーを集約し、小中学部の授業・補習、中学部の定期テスト対策、高校入試対策をますます充実させて、一人ひとりをしっかりとフォローしていきます。

 


お気軽にお問合せ下さい

079-563-8739

受付時間

10:00~22:00